金山 喜代美

(かなやま きよみ)旧姓 大嶋

1965年11月1日生まれ 

長野県松本市出身 出生地:豊科町(現安曇野市)

 

住まい

1990年~結婚を機に藤沢市に在住

藤沢市本鵠沼5丁目在住(清水町内会)

1994年~藤沢市辻堂元町3丁目在住(辻堂北町町内会)

2000年~藤沢市鵠沼桜が岡1-17-3在住(南橘町内会) 

 

学歴

1981年 松本市立山辺中学校卒

1984年 私立松商学園高等学校卒

1986年 私立山脇学園短期大学 食物科卒

2007年 山脇学園短期大学 食物科 科目履修生(学校栄養教諭履修)

 

職歴

1986~1988年 (株)東京アスレティッククラブ入社 

栄養士として幼稚園給食を担当

2011~2019年 藤沢市 片瀬市民センター 福祉窓口相談員として勤務

 

資格

栄養士免許状

中学校教諭二級免許状(家庭科)

NPO法人日本子育てアドバイザー協会 認定子育てアドバイザー

東京ガス エコ・クッキングナビゲーター

 

 

主な活動

PTA・育児サークル

1999年 育児サークル参加

2002年 ベビーサークル参加

2006年 鵠洋小学校「こうようまつり」実行委員として参加

2010年 鵠洋小学校PTA本部役員(総務)

2011年 鵠沼中学校PTA副会長(藤沢市PTA連絡協議会担当)

2012年 藤沢市PTA連絡協議会 本部役員 総務

2014年 鵠沼中学校PTA会長

2015年 鵠沼中学校PTA副会長

(辻堂二葉幼・湘南学園幼・八松小・鵠洋小・鵠沼中・神奈川総合高でPTA活動に参加)

 

地域の活動

2006年 藤沢市せっけん推進協議会 副会長 (現:監査)

2009年 鵠沼公民館 運営審議委員 (2011年~運営評議員に名称変更)

2010年~南橘町内会 文化部 副部長

2012年~「くげPネットワーク会議」(鵠沼小・鵠洋小・鵠沼中三校連絡会議)に参加。

会議の議題として小・中学校の合同引き渡し訓練が提案されまとまり、2017年度、鵠沼中学校、鵠洋小学校で実施。2018年度は鵠沼小学校と3校で実施

2017年~鵠沼ふれあいトライアングル 支援部会長

2017年~鵠洋小学校評議員

 

個人の活動

2011年 「KUGENUMAM」友人たちと被災地支援、現地のボランティアへの協力。

(陸前高田・福島県新地町等被災者への支援物資の提供)

2012年~NPO法人 湘南栄養指導センター 理事

2013年 「おとな20歳のPARTY」企画(成人式の親の集い)

2015年 山脇学園短期大学食物科卒業生の会 会長(現:書記)

2017年 平塚市エコ・クッキングコンテスト審査員

2017年 鵠洋小学校の椿の木を片瀬こまの素材として推薦(椿の木が片瀬ごまになる)

2018年~NPO法人 湘南栄養指導センター 副理事長

湘南栄養指導センター 講師(子ども料理教室・男の料理教室等担当)

「藤沢市消費生活展」 エコ・カフェ担当

(和風あんかけUDON、藤沢ちゃんぽんメン:レシピ提供)

「藤沢市東京オリンピック・パラリンピック大会市民応援団キックフイベント出展」(藤沢野菜・やまゆりポークを使ったミネストローネ:レシピ提供)

第10回鵠まつり 「高木食堂」出展(鵠沼魚醬を使った鵠沼スープ:レシピ提供)

2018年 くげぬま子育て応援メッセ 実行委員会 副会長

 

家族

夫 :(55)会社員 同居 岡山県倉敷市出身

長女:(28)契約社員

次女:(25)看護師

三女:(22)アルバイト

長男:(17)高校生 

ペット 猫:銀侍郎(12:ぎんじろう)2006年 里親として飼いはじめる

 

好きなTV番組

「ブラタモリ」、「チコちゃんに叱られる」、「男子ごはん」、「ホンマでっか⁉TV」

 

得意な料理

あり合わせで作る創作料理

 

好きな料理研究家

栗原はるみさん

辰巳芳子さん

大原千鶴さん

 

憧れの女性(…私の一方的な思いです)

若宮正子さん

中島知子さん

菊地彰子さん

ベニシア・スタンリー・スミスさん

 

尊敬する人

高木和男さん

北島令司さん

 

 

ビジョン
子どものころ、母に読んでもらった

「ぐりとぐら」

大きなカステラをつくって、

みんなで食べる

そんな場所があれば

きっとみんながほっこりできる

 

「ぐるんぱのようちえん」みたいに、

ひとりぼっちのぐるんぱも

自分の居場所がみつかって

仲間がどんどん増えてくる

 

そんなまちがあったらいいな・・・

 

 

 

想い

地区福祉窓口相談員として、

多くの市民の声をお聴きしてきました。

どなたにも、ご家族があり、その生活がおありです。

皆様にあった福祉の提供を心掛けていました。

 

初めて藤沢に住んで28年。

知り合いもいなかったこの街で、不安を抱えながら子育てを始めました。

少しずつ知人ができ、友人が増えました。

今では子どもたちのおかげで、藤沢で多くの知人友人ができました。

地域の繋がりが楽しい!

地域の活動を仕事にしたいと感じるようになりました。

やりたいボランティアもたくさんあります。

地域の様々なボランティア活動をしている仲間が沢山います。

その仲間の助けになり、よりよいまちづくりを共にしていきたいと願っています。

 

 

 

藤沢に住んで

実家も遠く、初めての子育ての不安、

一日中誰とも話さないひきこもった生活。

信号待ちで声をかけてくれたママ友が

藤沢でできた初めての友人。

そんな友人も、ひとり増え、ふたり増え・・・

知り合いが増え、寄り添える人が増え、

次第に子育ての不安も減りました。

子どもに親にしてもらい、

子どものおかげで、地域の中で、

自分が成長することができました。

そんな藤沢の街に人に恩返しがしたい。

もっと地域の活動をしたい。

 

 

 

コンセプト

未来のふじさわに 手渡したいもの

 

どんなまちに住みたいですか?

今の藤沢はどうですか?

ただ住んでいるだけのまちから、

自分が活きているまちにしていくと、

もっとまちが好きになる。

こんなまちに住みたい!

藤沢をもっと好きになる!

住んでいる人が、住みつづけたいまちに

 

金山きよみ の公式HP

kanakiyo |  金山きよみのHP | 日本